ヘルプの接客は… | お金の悩みはすべてセクキャバなど夜のお店で万事解決!
menu

ヘルプの接客は…

赤い帽子をかぶっている女性

まずキャバクラの接客というのは、大きくわけて2つのパターンがあります。
それは、普通の接客とヘルプによる接客です。
どちらも仕事の中身が変わるというわけではありませんが、実はこの2つのパターンは接客スタンスを変える必要があるのです。

例えば他の記事でも触れましたが、いかにお客さんに好かれるような接客ができるのか?といったことが本来重要になってきます。
そのためにあなたはお客さんとベタベタしましょうとすでに話したと思いますが、ヘルプで入る場合は例外となります。
つまり、ヘルプの接客になるとお客さんとベタベタしてはいけないわけです。
なぜそれがダメなのか?

まずヘルプの接客というのは、つまり指名されているキャストの代わりをするということ。
ということはすでに誰かのものになっているお客さんを相手にするわけです。
だからあなたは、そのお客さんを横取りしないようにしなければいけません。
なぜなら横取りすることにより、盗られた側のキャストは給料が減ってしまうからです。
もし今後ずっとそのお客さんがあなたを指名し続けるようになれば、盗られた人は大きな損害を受けることになるのがわかりますよね。
本来であれば何十万も稼げていたはずなのに、あなたの存在によって大金が全部パーになるのです。
そうなるともちろん、そのキャストとは今後仲良くしていくことができなくなるでしょう。
またお店によってはお客さんを横取りすることによって、重たいペナルティを課すこともあったりします。
だから絶対にヘルプでお客さんとベタベタしないようにしてください。